場合に応じて考えて

プレゼント

贈るべき場合と選び方

寿退職や定年退職など、円満に退職する場合は退職祝いを贈られることも多いものです。退職祝いはお互い様という側面が大きいものなので、基本的に退職祝いお返しをする必要はありませんが、状況によっては退職祝いお返しをする方がよいこともあります。たとえばお世話になった人から個別に退職祝いを頂いたときや、退職祝いお返しをするのが恒例となっているときなどです。そうした場合は退職祝いお返しを考えるべきでしょう。まず退職祝いをもらったら、もらってから一週間から十日ほどまでにはお返しを用意する方が確実です。寿退社で結婚式を行う場合で、結婚式に呼ばない相手に贈るときは結婚式が終わってからでもかまいません。ですがなるべく早いタイミングで贈ることで感謝の気持ちが伝わりやすくなります。金額はいただいたものの半額から三分の一程度が相場です。前述のとおりお互い様という側面があるのでそこまで金額にこだわる必要はあまりありません。オフィスの連名や部署のメンバー連名などでもらった場合は一人当たりの金額をそこまで考えなくてもざっくりとした金額で問題ないでしょう。品物は個別に贈るときは先方に喜ばれるものをイメージして選べばよいでしょう。多いのは食べ物やお酒、ちょっと高級な日用品などです。連名で贈られた場合は、分配しやすいような小分けのお菓子やコーヒーなど皆に喜ばれる物をチョイスするのがポイントです。退職祝いお返しを贈るのが慣例となっているのならぱ、送別会や最期の出勤日などにあらかじめ持って行くのも手です。