男性

気持ちを贈り物に込めて

退職祝いお返しとしてお礼状を送るときは、退職祝いを受け取ってから1週間以内を目安にしてください。個人的にお返しをするときは、もらった品物の金額の半額から3分の1の金額のものを贈ると良いでしょう。お菓子やハンドタオルなどが定番ですが、女性にはハンドクリームや入浴剤といった日用品も人気があるようです。

詳しく見る

父の日

お父さんに感謝を込めて

父の日のギフトとして定番なのが黄色いバラの花です。これは1981年に設立した日本ファザーズ・デイ委員会の「父の日黄色いリボンキャンペーン」が由来となっています。他にはお酒なども定番の贈り物です。最近は瓶やグラスに名前を入れてくれるサービスもあるので、お酒好きなお父さんには喜ばれるかもしれません。

詳しく見る

プレゼント

場合に応じて考えて

退職祝いはお互い様という側面が強いものですが、個別にもらった場合や慣習となっている場合は退職祝いお返しを考えるべきでしょう。もらってから早めに返すこと、金額は半額から三分の一程度にすること、喜ばれるもの、連名の場合は分けやすいものを選ぶことがポイントです。

詳しく見る

父親への贈り物

プレゼント

毎年何を贈るか

毎年6月の第三日曜日は父の日です。発祥はアメリカですが日本でもすっかり定着しており、父親への感謝を示すためにギフトを贈るのが定番となっています。この父の日ですが毎年訪れるだけにギフトのネタに毎年苦慮するという人も多いのではないでしょうか。そこで、以下では定番ものから少しひねりを効かせたものまで、いくつか例をあげて紹介してみることとします。まず、定番ものの代表はお酒です。父親がアルコールを嗜まない場合には選択肢から落ちますが、それ以外であれば喜んでもらえることでしょう。自分では買わないような少し値の張るものや、珍しい銘柄などであればなお良いです。最近ではラベルに名前を印字してくれるようなサービスも登場していますので、世界にひとつだけのギフトを贈るのも良いでしょう。次に、まだ現役で働いている父親向けには仕事で使えるものもお勧めです。ネクタイやハンカチなどは代表的なものですが、タイピンやカフスボタンなどのおしゃれアイテムを選んでみるのも良いかもしれません。ただし、あまり奇抜なものにすると身につけてもらえないかもしれませんので、事前に父親の好みをチェックして置く必要があります。また、少しひねりを効かせたところでは感謝のメッセージを入れた湯呑みなどもお勧めです。感謝の気持ちを文字にする機会はあまりないことからギフトとして喜ばれること間違いなしです。以上あげた以外にも、マッサージ器具なども父の日のギフトとしてふさわしいでしょう。日頃の感謝を伝える方法として、父の日を活用してみてはいかがでしょうか。

父の日

贈るときのマナーとは

父の日は六月の第三日曜日であり、バラを贈ったのがきっかけです。ですが母の日のように花を贈ることはあまりなく、本人が喜ぶ物をギフトとして贈ることが多いです。感謝の気持ちを伝えることと喜ぶものを選ぶことがポイントで、毎年贈ることになる分疲れないようにする配慮も必要です。

詳しく見る

プレゼント

相手によって選ぼう

退職祝いお返しの品は相手の好みを考えて送りましょう。個別か部署ごとかによって違ってきます。また、よく分からない場合にはお礼状のみでも構いません。感謝の気持ちがきちんと伝われば問題ないからです。金額は貰った金額の3分の1程度で考えましょう。

詳しく見る